Monthly Archive » 11月 » 2008

「こだわりのお味噌作り教室」のお知らせ

12月の14日(日)に、畑と海と田んぼの恵みで作る、
「かまど仕込みのこだわりお味噌教室」を開催します!

無添加で無農薬。地域の安心できる良い材料を使い、みんなでワイワイと、かまどで美味しいお味噌作りをしませんか?
自分で作ると、きっと毎日お味噌を食べるのが楽しくなりますよ。
昔の暮らしを見習って、自分で調味料を作る術を身につけましょう。

※味噌作りは、昔から「寒仕込み」と言って、寒い時期に仕込みます。
寒い時期に仕込んだ方が雑菌が少なくて、麹が発酵するのに良く、
この時期に作る味噌が一番おいしいと言われています。

———————————————————————

【 日時 】  2008年12月14日(日)A.M. 11:00集合
      (2~3時間程度)
【 場所 】  安曇川泰山寺 ソラノネ
【 参加費 】 大人 ¥1,575  子供 ¥1,050 
      (昨年仕込みのお味噌を使ったお食事付)
【 味噌代 】 ¥1,050 / kg 
(参考 / 日本人が一年間に食べる味噌の量: 4人家族で20kg程)
 ※お味噌は量が少ないと発酵出来ない可能性がありますので
 5kg以上より承ります
【 持ち物 】 エプロン、味噌がめ
      (漬物桶やタッパーなど、縦長のものが良いです)
【 定員 】  30名
 ※当日かまど棟での作業時は寒くなりますので(半野外の為)、
 暖かい服装でお越し下さい。
———————————————————————

◆塩について

今回の味噌つくりに使用する「越前塩」は、日本海・越前海岸の澄みきった海水を原材料とし、化学的製法を一切使わず太陽光風と火力だけで手間暇かけて作り上げられた自然海塩です。

古くより福井の塩と高島には縁がありました。
福井から京都へ抜ける“鯖街道”や、“塩津街道”など、高島は塩の道の中継地とされてきました。若狭湾で陸揚げされた海産物を近江商人たちが宿場に立ち寄り、リレーのように運んでいたといいます。
「京は遠うても十八里」といわれ、一汐した若狭の鯖が一昼夜かけて都へつく頃にはちょうどいい塩梅になり、とても喜ばれていたようです。このようにして今日の内陸の食に塩文化がもたらされました。

◆麹・大豆について

針江のんきぃふぁーむ」にて農薬と化学肥料を使用しないで栽培された、今秋収穫したばかりの美味しいお米で作った麹と大豆です。

“生水(しょうず)の郷”で知られ、平成の名水百選にも選定された高島市針江地区。今でも百件以上の家が「川端(かばた)」と呼ばれる湧き水を使い生活しています。針江のんきぃふぁーむは<食と農を明日へつなぐ>をモットーに、環境に負荷をかけない持続可能な米づくりを実践している農家です。

◆水について

お水は「秋葉の水」を使用します。秋葉の水は朽木への街道近く、竹やぶの中の小さな祠の下からの湧水です。

———————————————————————————–

参加ご希望の方はこちらまでご連絡下さい。

【 必要事項 】 
・氏名/住所/電話番号
・参加人数
・味噌の必要数(何kgを何個分か)

TEL&FAX: 0740-32-3750

メール:info(アット)soranone.jp
*(アット)を@に変えてお送りください。

Wedding Party in SORANONE

ソラノネでウエディングパーティ

ソラノネでは、大きな空と目の前に広がる大根畑を眺めながら、
手作りの温かいパーティをお楽しみいただけます。

窓がいっぱいで開放的なレストラン、
自然素材を使ったテラスデッキとブルーベリー畑。

そしてかまど棟では、新郎新婦共同で、かまどの火入れ式。
炊きたてのかまどご飯を皆様に召し上がっていただきます。

その他内容につきまして、御予算やご人数様、時間外などお気軽にご相談下さい。
皆さんにとって、ソラノネが心に残る大切な思い出の場所になることを願っています。

【プラン】   ご予算、ご要望に対応いたします。
【スタイル】  ビュッフェ形式
【収容人数】  着席/35名様まで 立食/50名様まで
【目安予算】  お一人様 ¥5,000位
【会場使用料】 平日/¥52,500 土日祝/¥84,000
【料理】    地元のお野菜、魚(琵琶マス)、お肉(鹿肉など)を使った料理。
※かまどで焼いたピザもご用意できます。
【ケーキ】   要相談(有料) ※持込みも可能です。
【人前式】   可能 ※参加者による手作り結婚式になります。
【お時間】   要相談

———————————————————————————–

お気軽にこちらまでお問い合わせ下さい。

TEL&FAX: 0740-32-3750

メール:info(アット)soranone.jp
*(アット)を@に変えてお送りください。

紅葉にかこまれて

今ソラノネ紀伊国屋の周辺、安曇川では紅葉が見ごろになりました。
ソラノネは比良山系の山並みに囲まれているので、
ぐるっと見渡す限り一面が赤や黄色の美しい色に染まっています。
目の前の銀杏の木もだんだん黄色くなってきました。
これから厳しい寒さの冬を迎えますが、それまでのひと時をお過ごしいただければと思います。

ソラノネ食堂 メニュー変更のお知らせ

いつもソラノネHPをご覧頂きありがとうございます。
本日11月14日よりソラノネ食堂のメニューを変更させていただきます。今までお召し上がりいただいていた「おにぎりセット」を
「かまどご飯セット」に変更させていただきます。おこげ香ばしく炊き上げたかまどご飯をおひつに入れてお出しします。

おかずは今まで通りの地元野菜を使った、ご飯に美味しいおかずを用意しております。かまどご飯は毎朝11時30分に炊き上がります。

「畑の恵みカレー」は年内はお休みし、来年リニューアルさせていただきます。

かまどご飯のお米は針江のんきぃファームさんの「減農薬・有機栽培のミルキィークイーン」を使用いています。
お米本来の甘さと、かまどで炊いたご飯ならではおこげの香ばしさをお楽しみください。

肌寒いこの季節、、

こんにちは。ソラノネのHPをご覧頂きありがとうございます。
ここ安曇川泰山寺も肌寒い季節がやってまいりました。
今までお食事の最初に出させていただいていた
「地元野菜のサラダ」を「ふろふき大根」に変更させていただきます。
泰山寺名産の大根を使ったふろふきはほくほくでみずみずしいです。
特性の味噌たれとかつを節でお召し上がりください。
みなさまの心と体もほくほく温まりますように。

晩秋のイベントのお知らせ

11月の22日(土)、23日(日)、24日(月/祝)に
ソラノネで「晩秋のイベント」を開催します。
泰山寺の地元のダイコンとさつまいもを使った、
美味しくて楽しい教室が盛りだくさん。
だんだん寒くなるこの季節、旬のお野菜のパワーをもらって
身体も心も温まりましょう!

———————————————————————

【11月22日(土)】

◆大根堀りと大根料理教室
自分で掘った採りたての大根を使って、かまどで料理を作りましょう。
とっても甘い大根を沢山食べて心も身体も暖まりましょう。

〈時間〉 11:00 – 13:00(2時間程度)
〈参加費〉大人: ¥1,575 子供:(小学生以下)¥1,050
(大根一本お土産付)
〈メニュー詳細〉 ふろふき大根、大根サラダ、豚汁、即席お漬物、菜飯等

———————————————————————

【11月23日(日)】

◆泰山寺のさつまいものスイートポテト作り教室
泰山寺の甘くてほくほくのさつまいもを使ってスイートポテト作りをしましょう。愛農かまどのオーブンを使ってこんがり焼き上げます。甘い香りで幸せになりますよ。

〈時間〉 13:00 – 15:00(1時間程度)
〈参加費〉 ¥840 (スイートポテト2個とお茶or珈琲or紅茶付)
※追加スイートポテト1個に付き150円

———————————————————————

【11月24日(月/祝)】

◆大根のお漬物教室(お食事付)
自分で収穫した泰山寺の大根を使ってお漬物をつくりましょう。
今漬けると年末やお正月には食べごろになります。
大根の産地ならではの美味しいお漬物作りをお教えします。

〈時間〉 11:00 – 13:00(1時間程度)
〈参加費〉 大人: ¥1,575 子供:(小学生以下)¥1,050
かまどご飯とお漬物、お味噌汁付き(赤かぶら甘酢漬けのお土産付)
〈漬物内容〉 赤かぶらの甘酢つけ 大根の麹漬け 大根の味噌漬け

———————————————————————————–

参加ご希望の方はこちらまでご連絡下さい。

TEL&FAX: 0740-32-3750

メール:info(アット)soranone.jp
*(アット)を@に変えてお送りください。

11月4日より 平日珈琲お替り無料です

朝晩がだいぶ冷え込む季節になりました。
ソラノネ紀伊国屋の食堂では11月4日より平日に限り、有機珈琲のお替りをしていただけます。
せっかくソラノネに来たらゆっくりと過ごしたいというお客様はどうぞご利用ください。有機珈琲は京都のグリーンアイズさんからいただいている香り高い珈琲です。朝汲んできた近くの湧き水「秋葉の水」でいれるので美味しいですよ。

続きを読む…

Monthly Archives
SORANONE menu
かまど体験
SORANONE Cafe
SORANONE wedding
リーフレット
www.flickr.com

ページトップへ